「もしもハゲてなかったら、何したい?」の薄毛妄想大会 はコメントを受け付けていません。

「もしもハゲてなかったら、何したい?」の薄毛妄想大会

2014
04.04

レッツゴー三匹私の友達に、髪が薄いけどそれでネガティブになる事なく、
明るく元気で面白い男性が三人います。

三人とも、薄毛をネタに笑いをとる境地まで到達してるので
普段あまり話題に気を使う事もありませんが、
やはりデリカシー無く薄毛についてあれこれ聞く事はないわけです

でも…本当は聞きたいことが沢山あるんです。
私の未来の夫がハゲるかもしれないし。気になることが一杯です。

なので、薄毛トリオが集まって、ハゲサミットが始まると、興味津々で耳をそばだてちゃうんです。


ある日、彼らが「なあ、髪がフサフサだったら何やりたい?」と話し始めました。

「あ~海にザブンと思いっきり飛び込んで、グワッと髪をかきあげたいね!」

「お~!いいね!!」(盛り上がる二人)

「俺は『いや~髪多すぎてまとまんねぇ』って言いたい(笑)」

「うわ~言いてぇ!」

「じゃ、俺は…美容室で『ボリューム抑えて』って言うわ(笑)」

「一生言えね~!」

「他は…雨に打たれながら歩いてやるね!」

「強風の日も恐れずに帽子無しで外出するわ」TMレボリューション 風

「ノーヘルバイクで風になってやるか。TMレボリューションとか歌いながら(笑)」

「前髪の乱れを気にしないで帽子脱ぎ捨てるね!」

「時間なかったから起きたまんま来たわ、ってボサボサの髪のまま登場してやる!」

「ハゲ話題で顔色伺われず自由に過ごしたい」

「前髪ワックスで遊んでやりたい」


出るわ出るわ、源泉を掘り当てたんじゃないかってくらい、どんどん出てきます。

散々出しあって、猛烈に盛り上がった後、



「ま、今世でフサフサになる日は来ないけどな…」



の、一言で妄想大会は急速に冷え込み、三人は力無く笑って別の話題に移りました。


そうか、みんないろんな事を夢見て、諦めて、乗り越えて現在の明るさがあるんだな・・・。
その一部始終を横目で見ながら、考えさせられました。

私たちが「もし巨乳だったらどうする?」「もしすごい美人だったらどうする?」
妄想トークするのと似てるけど、それよりはちょっとほろ苦い。

ポジティブ薄毛に幸あれ、とそっと願った一日でした。

Pocket

Comments are closed.