突発的な大雨や強風時の慌て方にこっちがアワワ。 はコメントを受け付けていません。

突発的な大雨や強風時の慌て方にこっちがアワワ。

2014
03.25

昔、男3人女3人で仲良く遊んでた時期がありました。

その中の一人、ササキくんは、オデコが後退気味で、てっぺんも少々透けつつあり、
全体的にふわっとヘアでボリュームを出し、うまくカムフラージュしてました。

ま、もちろんその状況を仲間は知ってましたが、そんな事を指摘したり
からかったりする人はいませんでした。

私は薄毛チェックは厳しくとも、その日々の苦労までは詳しく知りませんでした。
なので、何に気をつけ、何に弱いのか全然わからず、

「ねえねえ、みんなでプール行かない?」と誘うと、

すかさずササキくんが 「ごめん、オレ水に弱いんだわ」 と苦笑い。

水に弱いの意味がわからず、
「え?水に弱いってどういう事?寒さに弱いって事?温水だよ?」と私。

 

ササキくん、無言で髪、指差す・・・プール

私、無言で最敬礼・・・

 

そうか。 ふんわりヘアは空中でしかふんわりしてられないんだ。
しまった、私とした事が。

ごめん、ササキくん。私、水にはもう誘わないよ。

 

プールは却下して、みんなで花見に行くことになりました。
もう水辺は行きません。  ササキくん安心。

綺麗な満開の桜。


みんなで「キレイだね~」と春の光景を満喫していると、
突然の風がふいて、散った花びらが舞い、桜吹雪に。

 

桜吹雪

「わ~♡ すごいね~!」と、後ろを歩いていたササキくんに話しかけながら振り向くと、
帽子をふっ飛ばされまいと必死すぎて、桜吹雪は一切目に入らなかったようです。

桜どころの騒ぎじゃねえ。

彼の血走った目がそう語ってました。

 

そっか、風もダメなんだ・・・。

薄毛の敵って思うよりずっと多いんですね。

その後その仲間とも転勤や引っ越しで会うこともなくなりましたが、
ササキくんのあの時の慌てぶり、10年以上経った今も鮮明に覚えてます。

ササキくん、どうしてるかなあ・・・
もう・・・残ってないかもしれないなあ・・・髪。

Pocket

Comments are closed.