突然の増毛に困惑。~どこを見ていいいかわからない~ はコメントを受け付けていません。

突然の増毛に困惑。~どこを見ていいいかわからない~

2014
03.26

ヤマダさん昔、職場の近くの電気屋さんにとても気さくな男性店員ヤマダさん(仮名:30代前半)がいました。

当時私は近くの洋服屋で働いてたんですが、ヤマダさんもよく買いに来てくれたものです。

ヤマダさんは、非常にフレンドリーでナイスガイでしたが、やや髪が薄く、前から見ると地肌が透ける感じがありました。

自分から「俺、髪薄いからさ~」と気軽に口にする稀有なタイプでしたが、それに乗って「そうですよね~」とは当然言えず、微妙に返答に困ったものです。

会う度に挨拶を交わし、時にそれぞれのお店で買物をし、
気軽な世間話も普通に交わせる間柄になった頃、それは訪れました。

忘れもしません。あの瞬間。

ハンディタイプの掃除機を買いたくて、相談に乗ってもらおうと彼を探しました。

あ、いたいた。 ヤマダさ~ん!

「ああ、Sandraさん、久しぶり!今日はどうしたの?」

「あ、あ、あ、あの・・・ ハンディタイプの掃除機を買おうと・・・」

 

ヤマダさん、髪・・・髪増えてる・・・!
動揺した私は、歯切れ悪いわ、目を見れないわ、完全に挙動不審。

 

ふれるべきか、知らんぷりするべきか・・・ どうしよう、どうしよう。

「どこのメーカーがいいとか、こだわりある?」

「い、いえ、特に。 お手頃価格で性能のいいのがあれば・・・」

ヤマダさんはテキパキと商品の特徴を説明し、色々なメーカーの商品を見せてくれました。


どこか上の空な私に、

「もしかして気付いた?」と。

「え・・・はい・・・ 増えました?」

「うん、実は植毛してみたんだよね」田植え

おっと、豪速球ストレート! 
ご本人から言ってくれるなら、話は早い。

「そうなんですか、雰囲気変わりましたね!いいカンジですよ~」

どこか見当外れなコメントしかできず、いかがなものかと思ってると、彼の方から色々話してくれました。

「まだ日にち経ってないから目立つけど、仕事休めないからさ~」

彼からカミングアウトしてくれた事で、やっと直視を許されました。
うむむむ、生え際に赤く点々と、少々痛々しい感じに毛が植えられてます。

痛そう・・・

「何回かにわけて植えると自然に仕上がるらしいよ」

「そうなんですね、早く終わるといいですね!」

 

植毛トークだけで休憩時間が終わりました(笑)

 

その後、何度かヤマダさんに会いましたが、植毛した事で自信は出たらしく、
優しく押しの弱いタイプだったヤマダさんは、快活で積極的な性格に変わったようでした。

その後、ヤマダさんは転勤で県外に言ってしまったので植毛のその後はわかりませんが、
薄毛を克服した事で自信をもって過ごせるなら、これは正解ですよね。

 

植毛って、その時はいいですけど、その毛が永遠ではありませんよね?
今頃ヤマダさんのオデコ、どんななんだろう。  気になるわ・・・

 

Pocket

Comments are closed.